ランニングシューズに力を入れている、各メーカーの特徴。一挙公開

Pocket

デザイン重視なら断然Nike(ナイキ)
言わずと知れたスポーツメーカーのNike(ナイキ)のランニングシューズは、そのお洒落さが大きな魅力でしょう。デザインに優れているのはもちろんですが、機能性も高いため海外や日本のトップアスリートにも愛用者が多いです。最新技術を駆使して設計されているため非常に軽く、長い距離を走っても体に負担がかかりません。ただ、幅が狭いものが多いため幅広の足の人は、サイズ選びを慎重に行わなければなりません。サイズがぴったり合えば、フィット感は抜群です。デザインはもちろん、用途や目的、細かい機能の差など、さまざまな面からランニングシューズを選ぶことが出来ます。

フィット感で選ぶならReebok(リーボック)
独自のテクノロジーを駆使して作られるReebok(リーボック)のランニングシューズは、足に自然なほどフィットします。このフィット感の秘密は、空気の圧力を使ったポンプテクノロジーです。ジグテックというパネル構造をソール部分に取り入れていることで、前に進む力が強くなっています。Reebok(リーボック)のランニングシューズは、フィット感が良いことからランニング初心者に大きな支持を得ています。ただ、足首部分の設計が日本人向けでないデザインもあるため、じっくり試着してからランニングシューズを選ぶようにしましょう。

軽さで選ぶならSCKECHERS(スケッチャーズ)
日本では若者向けスニーカーのイメージが強いSCKECHERS(スケッチャーズ)ですが、最近ではスポーツ用シューズの開発にも力を入れています。SCKECHERS(スケッチャーズ)のランニングシューズは独自開発のクッション材を使用しており、衝撃吸収性にとことん優れています。ポップなカラーバリエーションも豊富で、ランニング初心者はもちろん、中級者、街履き用としても人気です。価格も一般的なランニングシューズの中では安価で、耐久性も良く長持ちするためコスパ面から見てもオススメなランニングシューズとなっています。